牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

河野議長の松明(たいまつ)を継いで
ごあいさつ 「継承と挑戦」


記者会見の様子.jpg



 この度、かねてよりご指導頂いております衆議院議長、河野洋平先生の後継者としてご指名を受け、後援会の皆様にご推挙頂き、自由民主党神奈川県第17選挙区支部支部長として国政に挑む決意を固めました。敬愛する河野先生より松明を託して頂きましたことに大きな責任を感じております。もとより、河野議長には比べることもできないほど小さき者ではございますが、先生のお志を継ぐ覚悟を固めております。

 河野先生は40余年、誠意をもって国民と向き合い生命をかけて日本の国づくりに一身を捧げられてきました。自由民主党の総裁として「平和外交路線」を提唱され、また衆議院議長として広島で「平和と軍縮」をテーマとしたサミットも開催されました。河野洋平先生という偉大な政治家が一線を退かれることは、日本の政治にとって大きな損失であり、その空白の大きさは何よりも皆様方が感じておられることと存じます。

 今こそ、河野先生の理念を継承し、日本の未来へ繋げていかなければならないと考えております。河野先生には私が大学の頃からワシントン留学中にも親身にご指導頂き、国際政治情勢の分析や日本の政策のあり方についてしっかりと勉強するよう励ましのお言葉をかけて下さいました。私は現在、先生の母校であります早稲田大学にて客員講師を務めております。河野先生は現在早稲田大学の特命教授にご就任され、私は「河野洋平特別プロジェクト:戦後内閣の軌跡」の講座を担当させて頂きました。こうした活動を通じて先生の政治信念を学び、「代議士」とは「人々の声を代弁し、皆様の想いを形にすること」と、心に刻むに至りました。
 今、日本には私どもの底力に比べて漠とした不安感や閉塞感が漂っているように思います。私はお一人おひとりの声に耳を傾け、心は常に熱く、しっかりと考え、丁寧に皆様のお気持ちと向き合っていきたいと考えております。守るべきものを守り、創るべきものを創り、皆様と共に歩んでいきたく思いますので、なにとぞご指導のほどお願い申し上げます。
 河野洋平先生を尊敬する気持ち、そして豊かな自然と歴史、文化遺産があるこの地元を愛する気持ちは皆様と同じです。皆様に信頼して頂けるよう、生命を賭けて最後まで頑張りぬく覚悟です。自民党にとっては逆風が吹く今こそ、河野洋平先生から託されました松明の火を決して消すことがないよう、精一杯がんばります。未熟な点もあると存じますが、何卒ご指導、ご支援を御願い申し上げます。

牧島 かれん

カテゴリ:かれんより 国会対策・自民党 カテゴリ-その他

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索