牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

三世代同居近居優遇制度の具体的仕組みについて
牧島かれんのホームページでは、皆さまからのご意見やお問い合わせを受け付けておりますが、先日、活動レポートで少し触れさせて頂いた三世代同居近居優遇制度について関心を持った、というご意見を頂きました。
そこで今回はもう少し具体的に私の見解をお伝えしたいと思います。

この三世代で同居、または近居する家族に対する減税制度ですが、相続税制としての減税を考えています。
祖父母から孫たちへの知識や知恵、地域への知見などの伝承は、「知的財産」を継承していると考えると、その「無体財産」を金銭的価値に換算することは不可能ではないと思います。
その「無体財産」によって、相続税を減税するという仕組みが一番わかりやすいと思います。

確かに、地域への発展や知恵の伝承が行なわれているかどうか、ということは金銭的な換算が難しいとは思いますが、例えば公的に認定できる資格があるかどうかを基準にするなど、方法はあるような気がします。
少子化の問題、女性の自立の問題、治安の観点から考えても、大胆な発想が必要だと考えます。

カテゴリ:かれんより 子育て・教育・スポーツ まちづくり・地域活性化 リーダーシップ・国家ビジョン

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索