牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

女性の社会進出
近年、女性の活躍は多方面において目ざましいものがあります。政治の世界では、ドイツにメルケル首相が誕生し、ヒラリー・クリントン議員はあと一歩のところで米国の大統領に手が届くところでした。日本では小渕優子衆議院議員が最年少で入閣、34歳の若さで少子化担当大臣に就任されたばかりです。
既に男女共同参画社会の推進を打ち出してから歳月は経っているものの、社会進出を果たした女性にかかる負担は未だ大きいものです。例えば、働く女性が安心して子どもを育てる環境を作ること。私は「3世代同居、近居税減税」や「地域子育て支援」への取組みが、現在、女性が直面している課題、日本が抱える少子化問題の深刻化をくい止める力になると考えています。
私がこれから身をおこうとしている世界は、女性が入りにくい環境といえるかもしれません。ここ第17選挙区は未だかつて女性の衆議院議員を輩出したことがありません。私は神奈川県にある18の自民党選挙区において唯一の女性支部長です。神奈川県においてすら女性の、政界への進出は遅々とした歩みのようです。今こそ県西地域に新しい風を、私が女性としてその風を吹かせなければならない、と決意しています。
10月18日のタウンニュースにも私からのメッセージが掲載してありますので、是非ご覧ください。


牧島かれん.jpg


カテゴリ:かれんより リーダーシップ・国家ビジョン 子育て・教育・スポーツ

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索