牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

保育園で給食
お弁当の楽しみは“かつぶしだんだん”でした。
小さい頃、お弁当を作ってくれていた母は、よく“かつぶしだんだん”を作ってくれました。“かつぶしだんだん”とは、ご飯の上に、鰹節に醤油で味付けしたものをまぶし、その上に海苔を敷く。それを2段重ねにするので“かつぶし”の“だんだん”なのです。白米だけではなかなか食が進まなかった昔の私に、母が考え付いたお弁当の工夫でした。

先日、保育園で一緒に給食を頂く機会に恵まれました。メニューは大根の煮付け・さつま揚げ・マカロニサラダにご飯とお味噌汁。飲み物は緑茶です。私はすべて大好きなメニューですが、保育園児には「少し大人好みかな?」と心配するも、にこにこ笑顔で美味しそうに、ぺろりと平らげていました。

おいしい給食を一緒に.jpg



こちらの保育園では、冷凍食品は一切使わず、園児が見える給食室で手作りのお昼ごはんを用意しているのだそうです。作り手の顔が見える中での食事は、安心できますし、何より作ってくれている人たちの思いが通じるように思います。小さい頃のごはんの味は大人になってもなぜか覚えているものです。作ってくれた人の愛情が感じられるごはんを子どもに食べさせてあげることは、とても重要だと思います。

一方で、働くお母さんが増えている現状で、時間的制約の中で食事を作り、家事を行っている女性もたくさんいます。冷凍食品は働く女性の味方でもあります。しかし、昨日も「中国産」の冷凍食品の野菜を「国産」と偽って出荷していた事件が発覚しました。忙しい中でも、安全なものを選ぼうとする心理を裏切る行為だと思います。私たちは表示を信用して購入しています。食品表示の管理を徹底する必要があります。
今食べているものは、未来の自分を作ります。子どもたちのためにも食の安全性の確保に努めなければなりません。

カテゴリ:かれんより 子育て・教育・スポーツ

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索