牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

紅葉の震生湖
今日はあいにく雨の日曜日となりましたが、木の葉の色は日々変化しています。移りゆく葉の色彩を愛でるこころ、そしてその行為を「紅葉狩り」と名付け、家族や近所の人たちと連れ立って楽しもうという感性は、日本人ならではだと思います。
美しい紅葉を愛でることのできるスポットの一つ、秦野市にある震生湖に行って参りました。静かな時の流れの中で、お孫さんがおばあさんの手を取って幻想的な風景の中に佇んでいました。

震生湖を背景に.jpg


震生湖とは漢字が示す通り、関東大震災により発生した、周囲1km、最大水深10mほどの小さな湖で、澄んだ空気と鏡のように紅葉を映し出す水面の美しさは、しばし時間を忘れるほどです。地震が残した奇跡であり、美しい自然の産物でもある湖。「地震大国」といわれる日本だからこそ存在する遺産です。
私の祖母は関東大震災を子どもの時に経験しました。自分の母親の帯につかまった感触を今も忘れることができないのでしょう。小さな地震でも夜中に飛び起きてしまいます。

日本は常に地震という自然災害の脅威にさらされてきたからこそ、世界の中でも意識は高く、対策も整備されていると言います。しかし、被害に遭った地域、人々の、震災後の苦労は未だ大きいものです。
日本人であれば心のどこかに「いつか…」という不安を抱えながら日々を過ごしているはずです。「備えあれば、憂いなし」、震災後の負担を軽減するためにも、地震に対するは細やかな備えは、個人でも地域でも、そして国でも進めていかなければならない重要な課題だと考えます。

カテゴリ:かれんより その他 防災・震災対策

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索