牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

中学生の主張発表
中学生の頃、私はスピーチコンテストに参加することが好きでした。自分が今感じていることを皆の前で発表し、伝えることが楽しかったのです。舞台の真ん中で、ライトを浴びながら聴衆に訴える緊張感や高揚感を、今でもはっきりと覚えています。

今日、小田原市役所の生涯学習センターけやきホールにて、第23回中学生の主張発表会がありました。かつての自分を思い出すようで、市内外から注目を集める発表会に足を運ぶことをずいぶん前から楽しみにしていました。

中学生の主張発表.jpg


多感な10代の子ども達にとって、ニュースや身の回りで起きていることを自分で考え、自分の言葉にして発する場があるというのは、貴重なことです。自分の思っていることを、自分の心の中だけにしまっておくのではなく、人に“伝わるように”話す訓練は必要だと思っています。

今回の発表会では地元のお祭りや人々との触れ合いを通して、地域社会の一員として生きる自分を発見するエピソードや、部活動で学んだことなど、素直で躍動感のある作文が披露されました。

同時に「環境問題」をテーマにしたものが多かった様にも感じました。これは他のスピーチコンテストでも見られる傾向で、中学生の時から地球が抱える問題に目を向ける姿に頼もしさを感じます。
10代は疑問や問題意識を強く持つ時期だからこそ、彼らの心は世の中の課題をしっかりとキャッチしていると思います。
もし子ども達が自信を持って「明るい未来」について話せないのだとしたら、それは私達大人の責任なのかもしれません。
中学生が『たとえ小さな自分の一歩でも、きっと明るい未来を創る大きな一歩になる』と信じることができるように社会の環境を整えていかなければならないと感じています。

カテゴリ:かれんより 子育て・教育・スポーツ

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索