牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

サミュエル・ハンチントン氏死去
『文明の衝突』の著者で、アメリカを代表する政治学者のサミュエル・ハンティントン氏が81歳で亡くなったことが、ニュースで明らかになりました。

ハーバード大学で教鞭をとり、1970年代のカーター政権下では国家安全保障会議のメンバーでもありました。国際政治学を学ぶ者にとっての、必須教科書のひとつが、このサミュエル・ハンチントン氏が書いた『文明の衝突』でした。
『文明の衝突』の中では、冷戦が終わった世界の中で、宗教による対立が激化すると警告されていました。2004年に出版された『分断されるアメリカ』も読みましたが、英語のタイトルは、“WHO ARE WE?”(我々は誰なのか)となっています。移民国家アメリカにおけるアイデンティティの分離について、現在のアメリカの姿を描いていました。

“アメリカ人”と言えば、“金髪にブルーの目”という固定概念が残っているのかもしれませんが、実際は、ヒスパニック系の人達も増え、スペイン語のテレビ番組が放送されていたりします。そんな中でアメリカのアイデンティティとはどこにあるのか。

初の“黒人大統領”と言われているオバマ大統領の誕生を、ハンチントン教授であればどの様に分析されるのか、お話を伺ってみたかったなと思います。

カテゴリ:かれんより 外交・国際関係・拉致問題

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索