牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

グリーン・ニューディールの取り組み
明日、アメリカ合衆国にオバマ大統領が誕生します。
閉塞感の中で、何かを“CHANGE”してくれるとの期待が、バラク・オバマを大統領に押し上げたのだと思います。

“Economy,Stupid!”経済だ、ばかやろう!=経済こそが、大事なんだ!)と言ったのは、クリントン元大統領。
オバマ次期大統領も景気対策の重大な舵取りを任されることになります。
このままでは失業率が2桁になる恐れもある状況の中で、オバマ次期大統領は、雇用増加に直結する道路・橋などのインフラ整備を軸に据え、アメリカの競争力と成長力を強化すると述べています。
その中でも特に注目すべきは、「グリーン・ニューディール」だと思います。

「ニューディール政策」とは、フランクリン・ルーズベルトが世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策で、公共事業や雇用の大規模確保、農業調整などの政策。
今回オバマ大統領が主張する「グリーン・ニューディール」には、環境に関わる事業を行うことで雇用を創出しよう、という取り組みが柱として据えられています。
今後10年間で15兆円を、自然エネルギー・省エネ・エコカーなどに投入し、500万人の雇用(グリーン・ジョブ)を生み出すと提唱しています。
「環境」という分野を、新たな産業分野として位置づけ、環境対策と雇用創出(景気対策)を結びつけようという狙いです。

日本でも、環境分野への投資家に対する無利子融資制度の創設などを含む、グリーン・ニューディール構想が進められています。
私も、環境・エネルギー分野が新たな景気対策の鍵として様々な業種の活性化に繋がると考えています。

カテゴリ:かれんより 環境・エネルギー リーダーシップ・国家ビジョン

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索