牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

長興山紹太寺
郵便局から発行された四季を彩る城下町小田原というオリジナルフレーム切手が発売されています。小田原の四季折々の写真が切手になっており、梅まつりの流鏑馬や天然記念物である長興山紹太寺のしだれ桜などが選ばれています。

先日は、その長興山紹太寺にうかがいました。
桜の季節にはまだ早いですが、これから4月に向けて多くの来訪者を出迎えてくれることでしょう。

長興山しだれ桜.jpg


そして機会に恵まれ、お寺の中で「黄檗普茶」を頂きました。これは1卓4人で食べる精進料理です。
精進料理と言うと、お粥に沢庵というイメージだったのですが、色合いも美しく、まさに芸術品。
食べるのがもったいないような美しさですが、高価な食材は一切使わず山野の蔬菜(そさい)を材料として調理してありました。

黄檗普茶1.jpg 黄檗普茶2.jpg


また、大皿に人数分が盛られていますが、さえ箸がなく、それぞれが箸を出してつっついて食べるのが流儀だと聞きました。皆で囲んで和気藹々と、残さず食べるのが普茶の作法なのだそう。
孤食が進む現代において、一緒にごはんを囲んで食べる風景は大切にしなければならないものだと思います。

黄檗「普茶」という名は「普く(あまねく)衆に茶を供にする」という意味から生じたと言います。
広く心を開放し、お茶を飲みながら、皆で和やかに話をしていると、とても大事なことに気付いたり、新しいアイデアが浮かんできたりするものだと、最近感じています。

カテゴリ:かれんより 文化

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索