牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

スタッフ日記(14)
チームかれんは全て女性の構成員と思われているかもしれませんが、実は私のような男性もおります。私は牧島かれんさんと同世代で、かれんさんの演説を聞いた瞬間、「この人なら政治を変えていってくれる!」と感じ、お手伝いをしています。

先日は宣伝カーを運転ながら”森と里のひなまつり”(2月17日〜3月8日開催)に行ってきました。二会場に分かれて、大規模に雛人形が展示されていました。
男性の私にとって、ひなまつりに雛人形を見るというのは、あまり馴染みがなかったのですが、≪森の会場≫南足柄市郷土資料館でも、≪里の会場≫瀬戸屋敷でも、段飾りの雛人形やつるし雛など、どれも美しくひとつひとつに伝統が息づいており、見入ってしまいました。

森の会場.jpg


南足柄市郷土資料館では長野県の中山道妻籠宿から島崎藤村の初恋の人「おゆふさん」の物と言われている雛人形が特別展示されていました。
文豪が恋したおゆふさんとはどんな方だったのか気になります…
また、この雛人形の特色は、普通は男性の「五人囃子」が全員女性!
男雛以外は全員女性という何とも現代的!?な珍しいお雛様でした。

おゆうさんの雛人形.jpg つるし雛.jpg


私が特に気に入ったのはつるし雛だったのですが、吊るされている人形のひとつひとつに意味があるのだそうです。例えば、座布団は座布団の上で寝ている子どもが早く這って座れるように、羽子板は厄を跳ね飛ばす、猿は厄がサル、等々。それぞれに子どもの成長や願いが込められたお雛様です。

瀬戸屋敷の会場では、婦人会の方々を中心に、イベントが開催されており、雛人形はもちろんのこと、現代でも通じる明治時代に於いての女性の経済観念を表わすかのような「節約料理」等の雑誌や教科書が展示されていて、地元の方や観光客で大変賑わっていました。
中でも金井島の「お手玉グループ」のおばさまに「ぜひHPに載せてね!」と声を掛けて頂きました。

金井島「お手玉グループ」のおばさま方.jpg 手作りハイハイ人形.jpg


おばさま方の手作りの「ハイハイ人形」が可愛くて思わず購入。洗濯ばさみを利用したお人形です。手先を動かしていると若々しくいられると言いますが、皆様とてもお元気でパワフルでした。
”てんぐの森“でお土産を買って、今日はしめくくり。

雛人形の豪華絢爛さもそうですが、会場で出会うご婦人の方々とお話をしていると、本当にいつの時代も女性のパワーにはかなわないな、と思ってしまいました。
やっぱり女性の時代だな、と確信した雛祭りめぐりでした。

Tatsuya

カテゴリ:スタッフ日記

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索