牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

オバマ大統領との会談
麻生首相とオバマ大統領の日米会談が行われました。
会談にはオーバル・オフィス(大統領執務室)が使われ、麻生首相は外国首脳としては初めてホワイトハウスに招かれました。

今回の会談の中で、世界経済、北朝鮮の拉致・核問題を巡る諸問題、アフガニスタン問題などについて、両国間での協力が確認されました。
特に北朝鮮の拉致問題については、オバマ大統領から先に発言があったと報じられ、日本側が常に諸外国へ拉致問題の重要さを主張し続けるべきだと確信しました。

報道では、大統領との昼食会が行われなかったことや、約1時間という会談の短さなどが取り上げられ、アメリカにおける今の日本の外交の弱さが指摘されています。
確かに、どの国の首脳とまず会談をするのかは、アメリカ側の緻密な戦略の上での判断です。
オバマ大統領は発言の中で、日米関係は安全保障上の“Cornerstone(礎石)”であるという認識を表しており、“Partner(パートナー)”としての日本のあり方を考え、今回の会談をしっかりと国民に伝えることが重要だと考えます。

麻生首相とオバマ大統領の会談内容を聞くと、“日米同盟”の枠組みには、“技術”による連携が含まれていると感じます。
私も日本の景気を再生させる鍵は「グリーン・ニューディール」(グリーン・ジョブ)にあるのではないか、と皆様にお伝えさせて頂いていますが、今会談でも環境エネルギーの面での協力が強調されました。
特にカルフォルニアの高速鉄道計画で、日本の新幹線の技術が注目されるのではないだろうか、と言われています。
日本の新幹線の技術は、CO2排出を抑えクリーンであること、安全であること、そして地震に強いことが挙げられます。
ビジネスとして成立すれば、日本の経済への刺激となるでしょう。日本の技術が海外に流出することを恐れる声もありますが、常に技術競争をしてきた日本。切磋琢磨し、日本ならではの高度で細やかな技術が評価されることになると思います。

カテゴリ:かれんより 外交・国際関係・拉致問題

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索