牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

介護用品等の展示会と馬上弓くらべ
小田原アリーナで開催されている介護用品等の展示会、第1回地域連携フォーラムを訪れました。
同居していた91歳の祖母は一時期体調を崩したのを契機に介護認定を受け、在宅介護を受けています。
それまでは、布団で生活していた祖母も、自動でリクライニングができる介護ベッドが必要になり、ベッドの横には手すりを取り付けました。
寝たきりの生活ではないので、家族は介助をしながらも、これまで通りの生活ができています。
しかし、介護をする大変さ、というのは実感として感じるようになりました。

第1回地域連携フォーラム.jpg


地域連携フォーラムでは、そんな介護の負担を軽減するための、さまざまな介護用品やサービスの紹介がされていました。
例えば、寝たきりでも髪の毛を洗える出張美容院の紹介や、事業者向けに介護データを管理できるシステムを提案するブースもありました。前の活動レポートでも触れましたが、介護の現場にも機械を上手に取り入れて、データ管理が機械に任せられれば、事務処理の時間を他に回せます。

高齢者向けの食事宅配サービスのブースでは、「血糖値が上がらないメニューはありますか?」「塩分も控えめで」と、一時的にインシュリン注射をしていた祖母を持つ孫の立場からの質問もさせて頂きました。
器具の充実だけでなく、食事の面でも高齢者へのサポートが必要です。

医療・介護・福祉・保健の各分野でたくさんの事業所がそれぞれのサービスを提供している中、実は一般市民にとってはどんなサービスがあるのか知られていない、各事業所間でも情報量が乏しい、という現状があります。
今回のフォーラムは「地域連携」をテーマに展示会が行われていたことで家族連れで参加されている方も多かったです。
利用者・医療従事者・介護事業所・行政という点を線で結ぶことが大事なのだと思います。

*****

午後からは、二の丸広場で行われていた馬上弓くらべ大会を観に行ってきました。
あいにくの雨の中でしたが、伝統装束を着た人たちが集まり、時代がタイムスリップしたようでした。

馬上弓くらべ.jpg


小田原城馬上弓くらべでは、他の神社などで行われている「神事流鏑馬」ではなく、日本在来馬を用いた鎌倉時代の武士が日々の鍛錬として行ってきた騎射の技を観ることができます。
日本古来の伝統を活かし、地元の人にも観光客にも喜んで頂ける大会だと思います。
ただ、少し残念だったのは、あいにくの天候のせいもあってか、観光客が思いのほか少なかったことです。
馬に乗る参加者は他地域から多くいらしているのに対し、観ている観光客が少ない気がしたのです。
桜祭りのシーズンでもあり、旅行会社などと大々的に提携して、ツアーパックとしてアピールする方法もあるかもしれません。
来年は天候にも恵まれ、もっと多くの方に訪れて頂けることを願っています。

カテゴリ:かれんより 医療・福祉・年金 観光 文化

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索