牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

金太郎ダックレース
普段、賭け事はしないのですが、金太郎の腹掛けをしたアヒルがレースをする姿をどうしても見たくて、「金太郎ダックレース」にエントリーしました。

あしがらリバーフェスティバル.jpg


金太郎ダックレースとは、南足柄市から松田町の約2.5キロの酒匂川をおもちゃのアヒルが出走し、レースの順位を競うというものです。
金太郎の腹掛けの裏にはシリアル番号がふってあり、1等にはハワイ旅行。アヒル一羽につき500円がかかります。
チームかれんの分も含めてチケットを5枚購入。
レースに勝てば豪華賞品が当たりますが、それよりも、みんなでおもちゃのアヒルを応援し、川の清掃をしつつ、B級グルメを食す、というのが魅力です。

私も先頭のアヒルが3羽、ゴールしたところまで見ることができました。

泳ぎ切ったアヒルたち.jpg


川をおもちゃのアヒルが泳いでいる姿はほのぼのすると同時に、実はスピードが速いことにも驚きました。酒匂川が急流河川と呼ばれているのを実感。順位が入れ替わるような接戦も見られます。

接戦のアヒルたち.jpg 金太郎の腹掛けをしたアヒル.jpg

 

アヒルのゴール地点では、B級グルメコーナー、地場産品コーナー、観光PRコーナーなどもあり、多くの人で賑わっていました。人気のブースでは品切れも。
ごみ箱もちゃんと、金太郎です。

ごみ箱も金太郎.jpg


B級グルメのブースでは、17区ならではの食べ物として、小田原おでん、まさカリーパン、湯河原の担々やきそばなども売られていました。
レースを見ながら、家族でご飯を食べて、街の特産品を買って帰る、というプランも楽しい週末の過ごし方ですよね。
河原でキャッチボールをしている人たちも見受けられ、のんびりした時間が流れていました。

子どもからシニアまで、幅広く楽しんでもらえる「金太郎ダックレース」。
来年開催する際には、出走状況をスクリーンで中継したり、音声放送を流したりすれば、より多くの人たちに楽しんで頂けると思います。

ダックレース着順結果が発表された150位以内に、残念ながらチームかれんの番号はありませんでした。
さて、うちのアヒルは一体何等だったのでしょうか…

カテゴリ:かれんより まちづくり・地域活性化

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索