牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

エコバッグ型
今年の新入社員を一言で表現すると「エコバッグ型」なのだとか。
財団法人社会経済生産性本部がその時世に合わせて新入社員のタイプを命名し、そのネーミングが先日発表されました。
ちなみに去年は「カーリング型」。周りが働きやすい環境作りに腐心する、と言われていました。

今年の新入社員「エコバッグ型」とは
『環境問題(エコ)に関心が強く、節約志向(エコ)で無駄を嫌う傾向があり、折り目正しい。小さくたためて便利だが、使うときには大きく広げる(育成する)必要がある。
酷使すると長持ちしない(早期離職)が、意外に耐久性に優れた面もあり、活用次第で有用となるだろう。』
(財団法人 社会経済生産性本部HPより)
とのこと。

売り手市場と言われた時期から一転。内定取り消しなど、不況の煽りを受けながらも何とか就職した新入社員ですから、忍耐力は強いと思います。
また、彼らの世代は、急激な経済成長が見直され、環境問題が重要な課題として論じられるようになり、リサイクルも生活の一部となっている世代です。
一律「○○型」と決めつけるわけではありませんが、時代の影響を受けた性質、というのはやはりあるのだと思います。

私たちの世代の多くは、戦争を体験した祖父母を持ち、ベビーブーマーと呼ばれる親たちに育てられました。
多様な価値観の中で不自由なく過ごしてきた世代だと感じています。
直面する不安感や閉塞感の中で、先人達によって支えられてきた私たち世代が、今こそ立ち上がり、責任ある行動をしなければならないと思っています。

今年の新入社員の皆さんは、それぞれの分野で大きく可能性を広げて、活躍して下さいね。どうか5月病などにかかりませんように。

カテゴリ:かれんより カテゴリ-その他

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索