牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

チームかれん農場はじめました
日本の「食」の安全性について、そして自給率について、このままでは危機的状況に陥ることは明白です。

だからこそ、耕作放棄地を解消していくこと。そのためには「所有」から「利用」に軸足を移した政策を考えなければならないと思っています。
気軽に農業に新規参入できるような制度作りや、ブランド化した農作物の販路を拡大していくことも重要です。
同時に、後継者不足の根本的解決策として、農家に生まれた子どもが、農家を継ぐことがリスクとならないこと。農業が若者にとっても「稼げる」ビジネスでなければ、農家は減少する一方です。

政府も2009年度補正予算の就農支援対策に、新規就農者が農機や施設を導入する場合、経費の半額を助成(上限400万円)することを盛り込んでいます。
初期投資を軽減し、新規就農者を年間1万2000人程度に増やすことを目標に掲げています。

国民への安心な食糧を安定的に供給するために、国が農業支援を行うことは重要だと思っています。
一方で、私たち個人個人も、できることからはじめることも大切。
まずは、実際に行動してみよう!という話になり、周りの方からのアドバイスも頂戴し、チームかれんとミニプランターを用意しました。

トマトの苗を植える.jpg


農場と呼ぶには規模が小さすぎますが、トマトの苗木を植え、そばの種を撒きました。
あしたばの種からもちょっとずつ芽が生え始めています。

今からトマトが楽しみ.jpg そばの芽.jpg


かれん‘sルームの前を通りながら、日々少しずつ成長している芽を愛でるように眺めていらっしゃる方もいます。
そう言えば農家の方が、一日でも畑に出ないと野菜たちに「今日は来ないの?」と言われているようだ、とおっしゃっていたことがあります。

農業は私たちの「食」を守るために大事なのはもちろんのこと、五感を育てる働きがあると感じています。
トマトが実ったら報告しますね。

カテゴリ:かれんより 農林漁業

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索