牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

早稲田大学集中講義
私は現在も、早稲田大学公共政策研究所客員講師として、教壇に立つ機会を頂いています。
政治は実践であると同時に、若い世代に対して政治の重要性を伝えることも、役割のひとつだと考えておりますので、講義の時間を持てることは大変有難いことです。

5月25日〜27日に開講された公共経営研究科(大学院)の集中講義
『映像ドキュメンタリーと国際政治ーそこに見る米大統領政治の素顔』に講師として参加しました。
日米政治を研究し、各界でご活躍されている、ジェラルド・カーティス先生、手嶋龍一先生、山口ステファン先生と共に、私も講義を担当させて頂きました。

牧島かれん講義.jpg ジェラルド・カーティス先生と.jpg


オバマ政権の特徴や国家の意思決定のあり方など、ディスカッションをしながら授業は進められました。

オバマ大統領のイメージは?というカーティス先生からの問いかけに対して
受講生からは
クリーン説得力カリスマ性などのキーワードが出されました。
大統領に必要な資質を備えた史上稀に見る政治家として注目されていることが分かりました。
オバマは政治においても経済においても新しい世界秩序を築いていくと期待されています。

私は、ワシントンの現場で取材、研究を行った2000年、2004年のアメリカ大統領選を題材にお話をさせて頂きました。

オバマ大統領は、「一つのアメリカ」を国民に訴えてきましたが
“Uniter(統合者)”として役割は歴史的にもアメリカ大統領に課せられた使命です。

活発な意見交換によってアメリカの大統領制度の特徴や大統領が誕生する背景について検証する講座になったと感じています。
リーダーシップのスタイルはさまざまですが、国民と向き合い説得する政治の重要性には日米の差はないのだと改めて実感しました。

カテゴリ:かれんより 外交・国際関係・拉致問題 リーダーシップ・国家ビジョン

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索