牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

スタッフ日記(25)−Stop CL− 
今日(6月12日)は、児童労働反対世界デーです。

ILO(国際労働機関)駐日事務所が主催する『Give girls a chance: End Child labour 少女たちにチャンスを:児童労働を終わらせよう』というセミナーに参加してきました。

児童労働反対世界デー.jpg セミナーの様子.jpg


児童労働とひとことで言っても、親の家業を手伝うことも児童労働となるのか、その定義の仕方は多様です。
ILOによる、児童労働という言葉の定義では、家や田畑での手伝い、小遣い稼ぎのアルバイトなどは含まれず、強制労働や、生活や借金のために働いたり、教育の機会を奪ってしまうような、子どもたちの健全な成長を妨げる労働をさすのだそうです。

とくに「最悪の形態の児童労働」として、人身売買、子ども買春やポルノ、債務労働があげられます。
阪本順治監督の映画『闇の子供たち』には、タイにおける人身売買、児童買春の実態が描かれていますが、日本からの旅行者と無縁ではないことはいうまでもありません。
さらに、インターネットの普及で児童ポルノが氾濫し、児童への性的虐待などが誘発されてきているとされていますが、日本では児童ポルノ画像の所持そのものに対する処罰規定がなく、日本がその発信地となってしまっているという大変残念な状況になっています。

自民党では、18歳未満の男女を写したポルノ画像などを個人で収集する「単純所持」への罰則規定を設ける方針です。
世界の児童労働の問題は日本の政治だけで解決できる問題ではないのかもしれません。しかし国際機関、産業界、NGOとも連携して、日本でも、世界でも、「子どもが笑顔でいられる社会」が実現できると信じ、かれんさんにこの願いを託しています。

para

カテゴリ:スタッフ日記 外交・国際関係・拉致問題

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索