牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

舛添厚生労働大臣と面会
先日、参議院議員会館を訪問し、舛添厚生労働大臣と面会致しました。
舛添大臣は、2007年から厚生労働大臣を務め、肝炎問題や年金記録問題などに対して真正面から山積する問題に取り組んでおられます。
新型インフルエンザが日本でも発生しましたが、その際にも即対応し、記者会見を通してその決定を国民に伝えました。

舛添大臣と牧島かれん.jpg


私はアメリカで主に「レトリカル・リーダーシップ」の研究をしてきました。
その中で、リーダーはもっと言葉を大切にしなければならない。自らの言葉によって、国民に説明し、言葉によって国民に共感を寄せてもらえるようなリーダーシップが求められていることを学びました。
また、有事には、リーダーが先頭に立って、即座にメッセージを発することの重要性も、痛感しました。

9.11テロが起きた直後の9月13日、私はインターン先であったジャック・キングストン下院議員のオフィスを訪ねました。「ワシントンから逃げるように」という助言を押し切って、議員はその場に残り、メディア対応や国民から寄せられる不安にひとつひとつ丁寧に対応していました。

問題が生じたとき、「直ちに対応し、メッセージを伝え、第一線で指揮を執る」ということを、舛添大臣も実践されています。
私も、言葉を大切にメッセージをしっかりとお伝えしていきたいと思っています。

カテゴリ:かれんより 国会対策・自民党 リーダーシップ・国家ビジョン

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索