牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

観光圏を歩く
県西地域2市8町プラス熱海市の観光圏構想では2泊3日の滞在を目指していますが、皆さんならどのようなプランを立てられるでしょうか。

温泉を巡りながら箱根を満喫する旅。宿泊先を変えながら海と山を共に楽しむ旅。歴史を学ぶツアー。一ヶ所でのんびりする企画から、周遊型まで多様なアイディアが浮かんできます。

どのようなプランであれ、不可欠なのが地域のことをよく知っている方々の存在でしょう。宿泊先や観光案内所だけでなく、観光スポットを「共に歩いてくださる」ボランティアガイドがもっと必要になるのではないでしょうか。

湯河原で千歳川を一緒に清掃している仲間たちの中には植物や鳥の生態に詳しい方がいらっしゃいます。

千歳川.JPG



「この場所ではこんな生き物が見られます」「この動物のエサを取る方法がユニークです。ぜひ立ち止まって観察してください」など、一緒に歩きながら、詳しく説明をして下さるネイチャーガイドがいれば「散策」も充実したものになるはずです。

今朝は神奈川県歩け歩け協会の西湘支部が発足し、真鶴の荒井城址公園から幕山梅林を通って湯河原駅に出る10.7キロのコースに参加しました。途中までの参加となってしまいましたが、竹林に癒され県西地域で「歩く」魅力を再度感じることができました。

竹林1.jpg



多くの山坂、町を歩いてきた経験を持っている方がガイドであれば、初心者の方でも景色と町並みを堪能できます。特に観光で訪れる人たちにとっては気分転換と健康管理のために「少し歩きたいなぁ」と思っても自分でコースを組むのは難しいはずです。

せっかく2泊3日のステイを提案するのであれば「歩いて楽しむ」プランを充実させていければと考えています。



カテゴリ:かれんより カテゴリ-観光

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索