牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

菜の花から春めき桜
今日、地下鉄サリン事件から15年を迎えました。

当時、高校卒業したばかりの私は、次なる目標に向けた準備を進めていました。
一緒に勉強していた友人のポケットベルに、お母さんから「地下鉄のそばにはいませんか?心配しています」というメッセージが届きました。

いつもは地下鉄を利用していた友人でしたが、その日はたまたま私と待ち合わせをしていたため、ルート変更。
もしあの時、いつものように地下鉄に乗っていたら…今でもその時のことは忘れられません。
多くの方が犠牲になり、未だ後遺症を抱えている方もたくさんいらっしゃいます。

心の傷や、悲惨な記憶を消すことはできません。

また、二度と同じようなことが繰り返されないよう、無差別テロに対する厳重な対策も重要なことです。
ワシントンで9.11の現場にいた時、アメリカの友人から「オウム事件の教訓を教えて欲しい」と言われました。過激派組織が取る行動パターンについて、日本が経験から他国に伝えるべきものがもっとあったのではないか、と今も感じています。

しかし、忌まわしい事件を抱えながらも、それぞれが幸せを求め、逞しく生きていることに、私は人間の真の強さを感じています。
私も、いろいろな過去を抱えながら、今日もこうして青空の下、活動をさせていただいています。
ふと後ろを振り返ると、足がすくむこともありますが、今日は、そんな重苦しい気持ちを、音楽で癒してもらいました。
「たのしい音楽会」では、ゴメンズ×スマンズの優しい歌声で、心が潤いました。

ゴメスマと.JPG


春らしいイベントにも参加してきました。

「今年の菜の花はうまく育ちませんでした」という看板が出迎えたのは大井町ひょうたん池で開催されている「菜の花まつり」。
発芽、若芽までの成長は順調だったようですが、11月の降水量が例年の倍の16日間もあり湿害の影響で、数も背丈も寂しい菜の花になってしまったようです。でも、菜の花の黄色は、元気を与えてくれますよね。

大井町菜の花.jpg



南足柄の桜まつりは既に「花吹雪」の状態で、満開は過ぎてしまっていました。それでも春木径から幸せ道を楽しまれるご家族がたくさんみえていました。
「幸せ道」はゴムチップで舗装されていますので、車輪も滑らかに進みます。車椅子やベビーカーでのお花見は、こちらが便利です。

南足柄桜.jpg


農地の社会化を目指す南足柄市では、遊休農地での市民の農業参加と、花による地域おこしが進められています。今日も地元の農産物を販売するお店が数多く出ていました。
「地域ブランドを発信する」、お祭りにはそんな役割もありますよね。

三連休、ぜひお花見や地元農産物のお買い物に、県西地域を満喫して下さい。

カテゴリ:かれんより 文化 外交・国際関係・拉致問題 農林漁業

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索