牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

理念はどこに
小田原駅での街頭活動ではたくさんの方に足を止めて頂きました。またホームページで街頭のことを知り、わざわざ足を運んで下さった皆さま、本当にありがとうございました。

何を優先課題として取り組むのか。「子育て支援」か「貧困対策」か、それとも「消費促進策」なのか。理念と施策が噛み合わない状況に、皆さんの疑問の声が集まってきました。

例えば、子育て支援を進めるのであれば、保育園不足に対して、どのような具体的措置を採るべきなのでしょうか。

児童数が減った小学校には空き教室があります。当時の文部省は1998年に使っていない普通教室を老人福祉向けや保育園に活用する改善策を、地方自治体に伝えています。
月刊誌FACTA3月号によると『10年後の09年5月時点で用途変更した小学校教室は約4万に上っているものの、保育園に転用したのはわずか18校の39教室。都道府県別で最も待機児の多い東京都は2校、3教室だけ』という現状が示されていました。

確かに待機児の多い0歳から2歳児が小学生用の設備、例えばお手洗いなどをそのまま使うことは難しく、創り替えに費用がかかるという指摘もあります。
しかし、5歳児向けくらいであれば、空き教室の無駄は防げます。(品川区)

統合や閉校された学校をどのように有効活用するか、多くのアイディアを皆さんと交換しながら議論を進める必要がありそうです。



カテゴリ:かれんより 子育て・教育・スポーツ 医療・福祉・年金

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索