牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

電車と駅に安全性と利便性を
昨晩はJR目白駅付近の架線トラブルで、山手線外回り、内回り、埼京線、湘南新宿ラインの全線が運転を見合わせ、一時4700人が車両内にとじこめられました。

県西地域では湘南新宿ラインをお使いの方が、多いかと思います。

皆さん、大丈夫でしたか?

日本の鉄道の安全性が脅かされる事態が続いています。
1月29日にも停電のため品川‐小田原間の新幹線が止まり、3時間余り不通となりました。

この時、たまたま車内に友人が乗車していました。その友人によると、乗客はまず携帯電話を取り出し必要な連絡をした後は、皆静かに復旧を待っていたのだそうです。「実に日本人らしい対応だった」と言っていました。

私は、アメリカで暮らしていた時「電車の時刻は当てにならない」ことを学びました。

反対車線を電車が通過してくることもあれば、長距離高速鉄道のアムトラックですら「ドアが閉まらない車両があるので、しばらく停車します…」「修理ができないので次に来る電車に乗り換えてください」といったアナウンスが入り、旅行用の重いトランクを抱えて、電車を乗り継いだりしたものです。

しかし日本の新幹線の技術力は世界に輸出されるべきブランドです。昨今のトラブルにはどうしても敏感にならざるを得ません。

同時に、精密な技術力だけではなく、「駅」を取り巻く環境整備にも、新しい流行が生まれつつあります。
通勤通学に利用する、生活の一部に組み込まれる駅のあり方。ビジネスの拠点ともなる駅のあり方。観光客が集まる駅のあり方…

今はエキナカの開発も進み、利用者の快適な空間を作ることが重視される時代です。

利用者の特徴も様々ですが、電車の安全性と、駅の快適性は、守り、開発し、発信していくべき日本の産業のひとつだと考えています。

カテゴリ:かれんより リーダーシップ・国家ビジョン

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索