牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

農業は架け橋
アメリカのトム・ヴィルサック農務長官との対話集会に参加しました。アイオワ州の知事を2期務めた長官は農業の専門家として長官に任命されました。まずは、アイオワ州と山梨県が姉妹提携されているお話から対話はスタート。きっかけは50年前、山梨に台風が来て農業が大きなダメージを受けた時、アイオワの人々が立ち上がったことにあります。35頭の豚がはるか遠いアイオワから山梨に届けられ、今でも農業を通じた交流が続いているそうです。

参考資料.jpg



「『食』は日本文化の重要な要素である」との指摘があり、日本の農業への期待も感じました。グリーンテクノロジー、バイオといった視点で農業の役割を拡大させることで、飢えに苦しんでいる人々を救うこともできる。後継者不足はアメリカでも課題ではありますが、もっと前向きに将来像を見据えた議論が進められている、という印象を持ちました。

経済・貿易・環境と農業が架け橋となって繋ぐ分野は多岐に渡り、農業自体が、国際的な問題点への解決策になっていく…無限大に広がる農業の未来を明るいものと捉える長官に頼もしさを感じました。

アメリカの長官の仕事ぶりを評価するだけで終わるわけにはいきません。日本でも自給率向上や地産地消への取り組みは、浸透してきました。しかし、私の政策の中でも打ち出しているように、「食べること」と「農作物をつくること」だけの相互作用だけでなく、「商業」や「工業」との連携。さらには、国際社会における貧困問題など、日本の農林水産漁業が問題解決への一端を担えるよう、広い視野で考えていく必要性を実感しています。日本の「食」「農業」の将来像をしっかりと描くため政策立案を重ねて参ります。

カテゴリ:かれんより 農林漁業 外交・国際関係・拉致問題

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索