牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

参議院選挙を終えて
公職選挙法に抵触する恐れがあったため、選挙期間中は活動レポートをお休みしていました。

蒸し暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ご存知の通り、第22回参議院選挙が行なわれ、17日間の激闘が終わりました。日本はどこへ進んでいくのか?目指すべき政府の形は何なのか?政治の役割とは…消費税議論以前に、国のあり方が問われる選挙だったと思います。大切なテーマが充分に議論されたのだろうか、という疑問も残っています。

私たちは街頭で訴えを続けてきました。『日本の力を信じよう』『日本の技術で、経済成長を可能にしよう』『グローバルな経済の流れに対応できる仕組みを作りたい』『社会保証を維持するための税制度を考えましょう』そして『このままで日本は大丈夫なのでしょうか?』と。
民主党は“嫌だ”けど、 自民党は“まだ”だ。
そんな声もあるのだと伺っています。

政治の現場では、政策を立案・実行するために政党があります。参議院選挙は特に直接的に政権を選択する選挙ではありません。しかし政党は国民へ公約を提示し、党の方針を伝えます。同時に、各選挙区では候補者の資質も有権者は注視しています。政党と個人のいずれを書いても良い、という比例代表の制度はわかりにくいとのご指摘も多く、選挙制度そのものを見直す必要があると感じています。

また、「総裁が遊説しているところしか見なかった」というお声もありました。一方で、テレビで見たことのない人だから、わからない。テレビで報じていなかったから知らなかった。そんな声も聞かれました。『テレビ・ポリティックス』の時代とはいえ、テレビが全てを教えてくれるわけではありません。

私たち政治を志す者も、メディアを通じて多くの方たちに情報を伝える努力をするとともに、メディア媒体を通さずに、自らの目で見て、話を聞いて判断していただけるような機会も作っていきたいと考えています。

インターネットでツイッターで私たちも活動の報告をしています。そして、駅に立ち、自民党の政策や新聞もお配りしています。

高見の見物も傍観もできない今、日本のチームワークが試されています。

楽観できない現状。一緒に立ち上がってください!

カテゴリ:かれんより 国会対策・自民党 リーダーシップ・国家ビジョン

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索