牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

9.11から9年
9.11は私にとって生涯忘れることのできない日です。
今年はグラウンドゼロの近くにモスクを建設するのか
コーランを燃やすという主張が許されるのか
と穏やかでない議論も噴出する中で迎えることとなりました。

モスク建設に反対するためプラカードを持つ人の中には、何の罪もない大切な人を、イスラム過激派によって一瞬にして失ったという真実があります。
一方で、アメリカは宗教の自由を守る国でなければならないと、多宗教の信者を集めた交流会を開催した人たちもいます。

いずれもアメリカの姿であり、沈黙をせず立ち上がる人々がいるからこそ、「国家とは何か」という大事な問いを、国民ひとりひとりが考える機会が生まれているのではないでしょうか。

国家を失ったら私たちは難民になってしまう。
今一度皆で、国づくりを考える時期が来ているように思います。



カテゴリ:かれんより 外交・国際関係・拉致問題

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索