牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

ライフセービング
永遠の憧れである「ライフセーバー」の全日本選手権に行ってきました。水難救済会の関係で海での訓練などに参加をするとライフセーバーの方たちが救助訓練の素晴らしいパフォーマンスを見せて下さいます。
海に囲まれた国、日本の国民として、いざという時の海難には備えたいと思いながらも、ライフセーバーの皆さんのスキルが並々ならぬ努力の賜物である事を知るにつけ、私にとっては憧れの存在であり続けています。

藤沢の片瀬西浜海岸で行われた決勝大会には応援団の熱気が溢れていました。
世界保健機構(WHO)溺水レポートによると世界で年間376,000人もの生命が水辺の事故で失われています。世界大会では日本の代表チームが総合成績8位という結果を残し、個人では優勝を含む多くの入賞者を出しています。

ビーチフラッグスなどは馴染みがある競技ですが、実際にはパドルボードを使ってレスキューする種目、サーフスキーの要素をいれた競技など種目は多岐に渡っています。溺者役の選手がまず120メートル沖まで泳いで救助者に合図、その全てのスピードが問われるなど本番さながらの試合展開に鼓動が早まりました。

写真ライフセーバー.JPG



波が高くなったり、風に流されたりと海での競技の厳しさも目の当たりにしました。

私も救命技能認定証は持っていますが

写真2枚目ライフセーバー.JPG



自然が相手の救命には、プロフェッショナルな人々が不可欠だと改めて感じました。

湯河原は今年は4位入賞。来年こそは優勝を!と応援しています

カテゴリ:かれんより まちづくり・地域活性化 子育て・教育・スポーツ

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索