牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

尖閣問題の教訓
外交問題の議論が予算委員会で続いています。

尖閣諸島沖で起きた中国漁船の領海侵犯と、海上保安庁の船舶との衝突。インターネット上に流出したビデオ映像で、海上保安庁の制止を振り切っての故意の衝突であったことは明らかになりました。本来ならもっと早くに公開されるべきでした。

国際社会に向けて情報を正式なルートで早急に公開しなかった事で、捏造や偽造をされたものではないかといった意見を封じられなくなっています。私は、現在公開されていない前後の映像も含めて、全ての映像公開も検討すべきだと考えています。

また、漁船船長の釈放について、「那覇地検の判断」での釈放という説明をいつまで続けるのでしょうか。政治的な判断があったのかも分からぬまま、政府は責任を取っていません。

仮に明日同じ事件が起きたら、現場はどの様に対応すべきなのか、その議論が不足しているように思います。今回の政府の対応で、現場の保安官に不安が広がり、判断に躊躇が生じれば日本の安全は守れません。事件の検証も重要ですが、政府こそが危機管理の対応策を明確にすべきなのではないでしょうか。

更には、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問に対してはどのように対応していくのか。 外交政策の基本方針を決め、明確なルールを発表して欲しいと思っています。
菅首相からは、はっきりとした言葉が聞こえてきません。

世論調査で、民主党政権の外交・安全保障政策について不安を感じるという人が9割を超えるという報道もありました。私のところにも日々の活動でお会いする方々から、またメールやツイッターでも、心配する声がきています。

11-12日はG20、13-14日にAPEC首脳会議と、外交日程は目白押しです。
外交問題での失点は、取り返しがつかなくなりかねません。日本の未来を守る覚悟が問われています。


カテゴリ:かれんより 外交・国際関係・拉致問題

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索