牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

子どもの教育を考える会公開講座 :グローバルな日本人を育てるには
ニュージーランドの地震では留学中の多くの日本人が被災しました。語学と異文化を学ぼうと努力をしていた若者の姿が目に浮かび、胸が詰まります。今の仕事をステップアップさせるためには英語は不可欠だと感じ、留学していた方もいたそうです。

中学高校と英語を学んでも習得できない、と言われてきた日本人の英語。

23年度から小学校5、6年生の英語が必修化されるという中で、期待値と現場のギャップはないのか、公開講座のコーディネーターとしてパネルディスカッションに参加しました。

英語の必要性は今更強調するまでもなく、言語を学ぶことは視野を広げることになると信じています。
しかし問題は運用の部分。

必修化と言われていても教科書は存在していません。あるのは「英語ノート」だけでALTの教員が独自に資料を作成する部分も多くあります。教科書がない理由は、現時点では小学校英語が「教科」ではなく、道徳などと同じ「領域」という扱いになっていることにあります。

成績をつける仕組みになると英語嫌いが早まるのではないか、といった懸念のほか、英語を教える小学校の教員の確保が充分でないことも問題になっています。この点は人材育成の整備を急ぎ進めたいと考えています。

英語に興味をもたせるような立体的なカリキュラムのあり方、小中連携の強化など課題が今回のパネルディスカッションで浮かび上がってきました。

私も大学や大学院でアメリカ文化や英語の科目でも教鞭をとってきた経験がありますが、筆記体を習っていない学生も珍しくありませんでした。
英語教育を語るときに、その順序について論じられる場面がありますが、英語を話すことと理解し書くことは同時に取り組むべき課題です。そしてもちろん母語を大切にする土壌も重要になります。

これからも現場の声を聞きながら政策立案に励んで参ります。皆さんのご意見もお寄せください。



カテゴリ:かれんより 子育て・教育・スポーツ

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索