牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

足柄茶のその後
足柄茶からセシウムが検出された事に対してTwitterでも逐次ご報告をして来ました。一昨日は黒岩知事も南足柄矢倉沢に視察にみえられ、お茶農家の方々から直接お話を聞かれました。丹精込めて作って来られたお茶。更に今年は出来が良かっただけに無念な想いを感じずにはいられません。

お茶畑1.JPG お茶畑2.JPG



例えば雨でセシウムが葉の表明に付着したのか、それとも根から吸い上げたのか…まだメカニズムが分かっていない、という点が問題だと感じています。2番茶を摘み取る準備をいつするべきなのか、刈り取った葉の処理をいかに進めるべきか、どのような決断を下すかは、現在進めている研究所での検証を待って行われる模様です。

今回実感したことの一つとして、「放射能の専門家」も「農作物の専門家」もそれぞれ優秀な方がおられますが、両方を専門とする人材が不足している、という点が挙げられます。日本の学問は諸外国に比べて学際的(interdisciplinary)アプローチが弱いと言えるのではないでしょうか。
未知の領域の課題が発生した際には"横断的"な分析が必要です。これは行政の本体にも言えることだと思います。

足柄茶は規定値以下の地域のものは出荷ができますし、安全が確認されれば2番茶の刈り取りも始められるでしょう。小田原の玉ねぎも出荷が始まり梅も収穫時期を迎えています。旬の足柄ブランドをお届けできる様に、情報の更新につとめていきます。

カテゴリ:かれんより 防災・震災対策 農林漁業 東日本大震災

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索