牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

北方領土の実態
12月5日の日の出テレビは、いつも日の出テレビの舞台裏でお手伝いいただいている法政大学の学生、山崎さんを「ゲスト」に迎えました。山崎さんは大学生として北方領土の択捉、国後、色丹の三島にそれぞれ1回づつ、計3回ビザなし訪問をしています。その活動は北海道のNHKで放映されたとのことで、日の出テレビの視聴者の中にもその番組を見られた方もいらっしゃったようです。

ロシアによるインフラ建設の状況、島での生活や日本人と島民との交流の様子など、現地で山崎さんが撮影した写真を交え、現場で感じた北方領土のお話を、時間を延長して聞かせいただきました。


国後島の港


択捉島の商店

北方領土問題は日露の二国間の問題だけでなく、アメリカ、中国、韓国、北朝鮮といった周辺国の思惑、影響も合わせて考えなければなりません。多くの国から労働者として北方領土に来られている人たちがいること、小中学校が新たに建設されていることも分かりました。


色丹島の初等中級学校

山崎さんからは日本外交について、「戦略的に自ら問題解決しようとしているのか。なし崩しになっているのではないか」と厳しい指摘をいただきました。

なかなか報道されない北方領土の実態。「この番組を見た方が北方領土を身近な問題として考えてもらいたい。」とのメッセージとともに最後に紹介していただいたのは日本人墓地でのお墓参りの写真。これ以上解決を長引かせてはいけないとの思いを強くしています。





カテゴリ:かれんより 日の出テレビ 外交・国際関係・拉致問題

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索