牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

お茶会第23弾
鉄道の町で開催した今回のお茶会。
東西の大動脈とされてきた山北駅。乗車券の委託販売などで無人化は1ヶ月程度で解消されるとのことですが、往事を知っている皆さんにとっては寂しいニュースだったに違いありません。

「山北駅を降りると、みかんの香りがいい匂いだったのよ。」
「それに昔は映画館が2つもあったし、下駄をはいてがらんごろん家まで帰ったものよ。」
お茶会をすると、いろんなお話をうかがうことができて楽しいのです。

現代、「ノマド・ワーキング」という働き方が都市部の若い世代を中心に浸透し始めています。
「オフィスのない会社」「働く場所を自由に選択する会社員」といったワークスタイルで、満員電車での通勤や会議室でのミーティングといった、従来当たり前と思われてきた働き方が変わりつつある兆候のように思います。特にフリーランスで仕事をしている人や、クリエイティビティーを売り物にする人たちの間では、より創造的なアウトプットが可能になるとの意見もあります。つまり、インターネットさえ繋がれば、空気の澄んだ山間で仕事をしても良いのではないか、という考え方も可能なわけです。
ずっと都会のビルの中でパソコンに向かっているよりも、豊かな自然の中でリフレッシュしながら仕事に打ち込む方が効率が上がることもあるかもしれないし、心のバランスも保てそうな気がします。
そういった意味でも、山北の古民家の活用も一案です。
町外から来た芸術家たちも町を気に入って創作活動に打ち込んでいる、という話もうかがいます。
古民家をリノベーションし、建築家やデザイナーなどが集まって、住まいと仕事場を共有するシェアハウスなども出て来ていると聞きます。

時代が移り変わっても町を大切に想う気持ちはいつも同じ。良いものを大事に受け継ぎ、時代に対応しながらアイデアをプラスすることで新しく創るべきものは築いていく。
町創りも国創りも原点は同じだと思っています。

カテゴリ:かれんより まちづくり・地域活性化 講演会・集い・お茶会

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索