牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

和田河原囲む会
南足柄・和田河原での囲む会を開催しました。会場入り口や正面の看板も役員さんの手作り。ペーパークラフトのお花をたくさんつけて頂き、晴れやかな雰囲気の中でお話をさせて頂きました。座談会や地域のお集まりなどでしばしばお会いする方たちも、めまぐるしく動く政治状況の中、今日の集会では牧島かれんが何を話すのか、と楽しみにして足を運んで下さることに感謝しています。そして熱いメッセージを送って下さる応援のお言葉にいつも励まされています。

今回は自民党衆議院新人支部長についてお話をさせて頂きました。次の総選挙で立候補予定の新人支部長は77名。私の様に一度立候補をしていても、現職になったことのない者も新人支部長にあたります。このうち、女性は8名。いまだ12パーセントです。今回の支部長の特徴はその多様性にあります。私の様に大学の教員もいれば、国会議員秘書、国家公務員、弁護士、医師、歯科医師、自衛官もいます。企業経営者の割合も大きくなってきているのではないでしょうか。それぞれのバックグラウンドがあるからこそ、一つの政策を議論する時にあらゆる視点から意見を出すことができます。一方で、専門性を持っている人材だからこそ、スピーディーに政策を作ることができる、とも言えます。

そして何よりも、平均年齢が「42.6歳」。次世代を担う責任を感じるものです。神奈川県でもこの傾向は顕著に現れています。「自民党は古い政党のイメージ」と言われてしまうことがあります。しかし層の厚さに下支えされ、多様な背景を背負った若い世代が覚悟を持って政治に向き合っています。意外に知られていない、こうした点も集会ではお話ししながら、政治への信頼を取り戻すべく活動を続けて参ります。



カテゴリ:かれんより 講演会・集い・お茶会 国会対策・自民党

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索