牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

お茶会第35弾
湯河原で行われた今回のティーパーティー。リニューアルされた茅葺きのお家に、隣組の皆様がお集まり下さいました。女性が社会や町や地域を支えていることを実感するひとときでした。

アメリカではフォーチュン誌が選ぶ米企業番付上位500社のうち、女性がCEO(最高経営責任者)の企業が20社となり、過去最高になったことが報じられています。インターネットを活用されている人にとっては馴染みの深いヤフーのCEOにも、出産間近の37歳、マリッサ・メイヤー氏が就任しました。女性のリーダーが誕生する時には「ガラスの天井」という表現が長い間使われてきました。何も障害がない様に見えて上に進んでいくと、突き当たるものがある。頭上には真っ青な空が広がっていると思えるのに、ガラスで出来た天井が昇進を妨げる、その様子を言い当てた言葉です。しかし今「ガラスの崖 (glass cliff)」という表現が加わっています。

働く女性が仕事と家事、子育てを同時に行わなければならない時間が長く、男性に比べて過酷な状況に向き合っている様子を「崖」と暗示しているようです。また既に「崖っぷち」にある企業が、女性トップを救世主として迎えるというケースもあります。実は、人間界だけではなく動物界にもこの様な動きがあるのだとか。ニホンザルのサル山でもメスがリーダーとして君臨することがあるのです。サル山の頂点はオス猿が仕切っているというイメージがありました。しかし上野動物園では記録を取り始めた昭和25年以降、15代を数えるリーダーのうち3分の1は女帝なのだそうです。リーダーになるような頼りがいのあるオス猿がいなければ、出産、子育てをしなければならないメスでもトップの役割を果たすのが自然の摂理だと考えられています。

男性だから、女性だから、と極端にこだわる安易なジェンダー論には違和感がありますし、もちろん男性と女性が生物学上同じということもありません。しかし激動の中で、時代の要請に応えられる様に努力し進化できるかどうか、ということが問われているのだと私は考えています。



カテゴリ:かれんより 講演会・集い・お茶会

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索