牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

なこかい、とぼかい、なこよかひっとべ!
「勇気を持って進んでいって」というエールと共に、メールで「なこかい、とぼかい、なこよかひっとべ!」というメッセージを寄せて下さった方がいました。これは鹿児島県に伝わる教訓とのことで、「泣くか?思い切って飛ぶか?決めきれず悩むなら思い切って飛んでしまえ!」という意味で、勇気の無いことを最大の恥として教育してきた、との教えを示しているものです。

同じ様な話は国を超えて存在しています。『ドン・キホーテ』の作者、ミゲル・デ・セルバンテスはスペイン語における世界的大文学者のひとりですが、多くの文学者たちにも影響を与えていると言われる人物です。彼もまた「物を無くせば小さなものを失う。信用を失えば大きなものを失う。しかし、勇気を無くせば全てを失う」という言葉を遺しています。

夏休みには冒険をして欲しい、と私は願っていますが、学校で「木登り」を禁止するケースもあるとか。「『交通事故に遭わない様に外へ出るな』という発想と同じじゃないですか。自然の中には確かに危険なことがたくさんありますが、いろんな『体験』をし、時には痛い思いもしながら、学んでいくことが大事なのです」とアルピニストの野口健さんは語っています。(『スカウティング』No.689)時には擦りむきながらも、逞しい精神力を身につけた大人になれるよう、周りもサポートしなければなりません。
そして何よりも、大人こそが勇気を持って進んでいる背中を示せているのか。泣いた経験を糧に思い切って飛ぶ姿を見せられるよう、私もひたむきに活動を続けて参ります。

カテゴリ:かれんより 子育て・教育・スポーツ

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索