牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

秦野市東地区集会
幅広い世代の皆様にお支え頂いていることを実感する集会。ご夫婦でのご参加や、会社の皆さんで。また先輩後輩の繋がりで、と声を掛け合って集まって下さるので、集会が終わってからも廊下や会場外でも話が尽きず、という事が良くあります。

東地区は自然豊かな環境の中で、芸術文化を大切にする世代も集う様になってきています。私たちは「カントリー・サイド」という言葉こそ使いませんが、自然環境の世界的トレンドからすれば、ウォーキングなどを楽しみながら、動植物の生息を感じることができる地区と呼べると思っています。

自然と共に生きる中で、食生活を見直す動きもあります。日本農業新聞では(2012年10月23日)オランダ大使館農業・自然・食品安全部のシンディ・ハイドラ参事官とのインタビュー記事で「アニマルウェルフェア」という概念を紹介していました。動物福祉、と訳されますが、家畜の快適性に配慮した飼養管理に沿った鶏肉などの付加価値を高める考えです。消費者は、高い価値があると考えるものは、値段が高くても国産鶏肉を支持する傾向にあると言われています。
農家への補助は生産面ではなく、専門性や付加価値の強化によって技術開発、環境保護の面で行っているのです。またオランダといえばチューリップなどの花きが有名ですが、こうした施設園芸でのエネルギー削減技術も進めています。

エネルギー技術といえば、ゲイツ財団は「トイレ再発明フェア」を開催したというニュースもありました。優秀作はカリフォルニア工大学の太陽光トイレでした。太陽光発電を利用して排泄物を水素ガスに変換し、燃料電池に蓄えて、夜間や雨天時にもそれを利用する、というものだそうです。途上国のトイレ整備を念頭においたものではありますが、それのみならず、野外や登山道などでの活用も考えられると思います。



カテゴリ:かれんより 講演会・集い・お茶会

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索