牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

お茶会第40弾
湯河原らしさを表す一つの名所とも呼べる福浦地区。役員の方の丁寧なプロフィール紹介に始まった今回のお茶会では、たくさんのご意見と温かい激励のお言葉を頂きました。
日本の良さを見直していきたい。そこに次の世代を担う人々の可能性の扉が開かれ、日本への高い評価が国を支えてくれるのだ、とお話をさせて頂いています。ご賛同下さる方が多く、日本の伝統や芸術の領域で若い人が生活を営むことができる体制を、とのご助言もいただきました。

例えば食文化でも、面白い話を聞いたことがあります。食生活が多様になる中で、あえて日本の調味料で勝負している飲食店が広島にあるそうです。その名も「せそ屋」。「味噌」と「醤油」にこだわったお店で、全国各地から集められた醤油と味噌が並びます。お刺身でも、魚によってマッチする醤油を。きゅうりにはこのお味噌で、ほっけもこの醤油だから格別、とそれぞれのおかずに合わせてご主人のこだわりの味噌、醤油が勧められるというお店。締めのお味噌汁も4種類と豊富で、リピーターも多いと聞きます。子どもたちの食生活の中に日本の味が守られていくことが大事ですし、同時に大人も新しい発想で日本食に触れることが求められているのではないでしょうか。

日本の華道のアイディアを活かし、伝統をフラワーアレンジメントで表現する、という挑戦のお話もうかがいました。第1回国連ユネスコパリコンクールに、小田原からIFA国際フラワーオレンジメント協会の代表者が作品を出展される、という嬉しいニュースが届きました。平和、地域振興をテーマにした作品が出展されます。花を通じて、日本の伝統文化の継承や地域の町興しをされている方たちが海外で私たちの町を表現することになったのです。今回は中学生も参加するそうで、小田原ちょうちんをモチーフにした作品のスケッチも見させて頂きました。
私も、世界中の来場者に向けてメッセージを書かせて頂きました。花を愛し、自然と調和する日本人の遺伝子が伝わるようにと願っています。



発表する舞台を増やしていくこと、そしてその応援団として旗をふること、更に広報活動にも力を入れること、続けていきたいと思っています。



カテゴリ:かれんより 講演会・集い・お茶会



月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索