牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

秦野市上地区集会
3年前も暖かい応援を下さった今回の集会場所。テレビチャンピオンの大工王、谷さんの工場をお借りし熱気溢れる集会を開催して頂きました。谷さんのお話は明日「日の出テレビ」の対談コーナーでじっくりご紹介します。

日本の町づくり、国づくりは、「人づくり、ものづくり」からという原点を実感しています。先端技術が進んでも、人を育てていかなければ次の時代を築くことはできませんし、ものづくりができて衣食住が足りるのです。
小田原、箱根地方で生産される小木工品の総称を「箱根物産」と呼びますが、昭和49年に成立した「伝統的工芸品産業振興に関する法律(伝産法)」に認められています。伝産法では
1、主として日常生活に使われるもの
2、製造過程の主要部分が手づくり
3、伝統的技術または技法によって製造
4、伝統的に使用されてきた原材料
5、一定の地域で産地を形成 
といった条件を兼ね備えていなければなりません。これは「議員立法」で作られた「一人の反対もなく成立した」法律です。

昭和54年当時、作り手の割合は、30歳以下が2割だったものが、現在は30歳以下が10%を切ってしまっているのが現実です。(社)箱根物産連合会 露木清勝会長のお話の中から「マスプロダクト(大量生産)よりアート(芸術)」という観点で捉えていく重要性を感じました。
箱根寄木細工は職人さんが木を切り出していたから、「この綺麗な木の色を活かせるはず」と考え、寄木にたどりついたと言われています。これは「当然のことだったのだ」との露木会長のお言葉が印象的でした。
七福神の入れ子はマトリョーシカの原型と言われていますし、1億円規模の輸出をヨーロッパに向けて行っていた時期もありました。これからも、ここにしかないもの、その土地ならでは、の物を広く発信していきます。



カテゴリ:かれんより 講演会・集い・お茶会 農林漁業

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索