牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

大工王が語る削りの極意
11月19日の日の出テレビでは、秦野市を代表する大工さん、谷工務店の代表取締役、谷和雄さんをお迎えしました。大好きなかんな削りの技を披露すべく世界中からプロが集う「削ろう会」に参加され、2010年秦野市で開催された第25回大会では実行委員長も務められました。400人集まる削り手の内、誰が一番薄く、美しく削れるかを競う競技もあります。ミクロン単位での競いあいとなり、技を磨く機会にもなっている様に感じます。そのかんなくずは、まるでシルクのような透明感があり、その美しさから永六輔さんが「削り花」と命名されました。



テレビチャンピオンで「大工王」に輝いたこともある谷さんですが、先輩の棟梁の方に出場を勧められたときには、最初は無理と断ったそうです。その時に、人生には3度チャンスがある、大抵の人はそれを逃してしまうと説得され、出場することに決めたとのこと。番組ではTVチャンピオン決勝戦でお題となった「世界遺産」の作品も紹介しました。

地元秦野の木材は新歌舞伎座の檜舞台に採用された「丹沢檜」です。谷さんが「秦野の誇り」と話されていたように、100年先に使える木材を産み出すには世代を超えた持続的な努力が必要です。地元の木材で家を建てる地産地消のサイクルや、それを支える林業の大切さにも、もっと光をあてていきたいと思います。

大切な大工道具も持ち込んでいただいた今回の放送。かんな掛けの腕の見分け方も教えていただきましたので、是非日の出テレビのアーカイブをご覧ください。


Video streaming by Ustream

カテゴリ:かれんより 日の出テレビ 農林漁業

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索