牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

山北町三保地区集会
一気に紅葉が色づき美しい季節を迎えた三保地区。地域を長期に渡って支えてきて下さった方々、これからの三保を作って下さる青年部、地域を活性化する女性部。皆さんが声をかけ合って下さって集会を開催することができました。

この地区は、小田原にある印刷局用の紙の材料として、ミツマタが植栽されたところです。「ミツマタが花をつけるのは3年目あたりから」ということをお聞きし、私自身の活動も花咲けるようにと気が引き締まると同時に励まされました。
三保地区はこれからの日本を担う子どもたちに大きな教えを授けてくれる場所なのではないかとも思っています。

料理研究家の服部幸應先生も、以下の様な逸話を紹介しています。
中国に「ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。魚の取り方を教えれば、その人は一生通して食える」という生きるための知恵です。魚を取るために釣り針と釣り糸の使い方を教えるのが家庭教育であり、作り方を教えるのが学校教育と服部先生はおっしゃいます。生きる力を教えるためには自然を教材にすることも大事なのではないでしょうか。

「味覚の一週間」という活動がフランスでは20年以上続いています。日本の今年のテーマは「BENTO(ベントー)」だと言います。「弁当」はローマ字表記で国際語になっているんですね。日本のお弁当は彩りや仕切りの方法、詰め方、栄養バランスなど世界に発信する宝ものです。

であれば、その味覚の産地になる里地里山での学びを、もっと増やしていかなければなりません。神奈川新聞の報道によると「横浜市を訪れる修学旅行生の数が大幅に増えている」というのです。確かに工場見学など独自色もある様ですが、自然溢れる神奈川県の西へ、水源地へ、山の中へと逞しく入っていってくれるようなプログラムを提案していきたいと考えています。



カテゴリ:かれんより 講演会・集い・お茶会

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索