牧島かれん トップページ >> 活動報告

神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 活動報告

山北町共和・平山集会
今回の集会所は元共和小学校、今の共和集会所で行われました。体育館にはダイナミックな書が掲げられていたので、卒業生の書家のものかと思っていたら、小学生の作品とのこと。感激しました。



共和の子どもたちの感性は、多くの他者と触れ合う環境の中で育まれたものだと思います。たとえ異質な他者であっても敬意を払うこと、それは私の母校ICUの教えでもあります。
学生数2800人という少人数教育の中で、リベラルアーツ教育を実践することは、価値観や分野の異なる人たちに自分の意思や専門の中身をわかりやすく的確に伝える力、対話力と説明力が日々試される事を意味します。更に、難しい事でもしっかりと説明する技法は、政治の現場でも求められていることではないでしょうか。

恩師でもある西尾隆教養学部長は「リベラルアーツ教育は、早急な判断をよしとせず、思い悩み、迷うための時間を大切にします。答えのない問いを前にして真剣に迷う経験を通してのみ、さまざまな岐路で的確に判断できる英知と、自らの責任で決断する意志が身につくからです」と話しています。

シンプルに○か×かを決めようとしたり、単純に二項対立を見せようとする流れが強いなかで、教育を建て直すことが、しなやかな日本を作る原点になるのではないかと感じています。



カテゴリ:かれんより 講演会・集い・お茶会 子育て・教育・スポーツ

月刊 政治かわら版 牧島かれん国政報告
メディア掲載 掲載記事のご紹介

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カテゴリー

最近のレポート

過去の記事

活動報告内検索